業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

テバ製薬、国内81製品の販売中止を決定

2013年10月27日(日)09時00分配信 配信日:13/10/27 09:00 icon_view851view icon_view851view
■絞り込みにより安定供給体制を強化

テバ製薬株式会社は16日、同社が国内で販売してきた539製品のうち、81製品についてその販売を中止することを決定したと発表した。現在、全国の医療機関に対し、連絡を行っているという。

テバ製薬の前身である大洋薬品工業株式会社は、多様な財形かつ幅広い領域のジェネリック医薬品を提供することをポリシーとしていた。しかし、現状、医療関係者や患者らから求められるレベルでの安定供給を実現するためには、これまで通りの多品目生産を継続することは難しいと判断、“選択と集中”による生産体制の見直しを行い、より提供する製品の品質向上と安定供給実現に注力していくこととしたそうだ。

■主に旧大洋薬品時代からの81品目で製造販売中止

発表によると、製品ポートフォリオを見直した結果、主に旧大洋薬品工業時代から販売している81品目についての製造販売を中止することが妥当と判断されたという。テバ製薬では、これらの品目の製造販売中止に伴う供給影響を最小限に抑えるため、十分な在庫量を確保したうえで、原則2014年3月31日までの納入要望に応えるとしている。該当品目についての代替供給体制も整えているという。

一方、販売を継続する製品については、2018年までにバイオシミラーや特殊製品を除き、自社製品の自社製造比率を90%以上に引き上げることや、テバグローバルの原薬を最大限活用し、安定供給に努めること、新規販売製品に加え、既存製品についてもニーズに応じて優先順位を決定し、順次原薬のダブルソース化を目指していくこと、工場生産能力を2018年までに現在の2倍にまで引き上げる生産体制強化を実施することといったアクションを具体的に掲げ、安定供給体制の確立を目指すと宣言している。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る