業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

小児用肺炎球菌結合型ワクチン「プレベナー13」新発売

2013年11月10日(日)09時00分配信 配信日:13/11/10 09:00 icon_view527view icon_view527view
■侵襲性肺炎球菌感染症の予防に

10月28日、ファイザー株式会社は、小児用肺炎球菌結合型ワクチン「プレベナー13(R)」を発売した。「プレベナー13」は、生後2カ月から6歳未満の子どもに対する肺炎球菌による侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)を予防するワクチンである。侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)には、敗血症、細菌性髄膜炎、菌血症などが含まれる。

「プレベナー13」は、2009年12月にヨーロッパで乳幼児への適応が承認され、2010年2月にはアメリカでも乳幼児への適応が承認された。その後、世界120カ国以上で承認され、アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスを含む74カ国で定期接種ワクチンとして導入されている。

■11月1日から「プレベナー13」が定期接種に

「プレベナー13」は、日本で今年の4月1日から定期接種に導入された「プレベナー」に新しく6種類の血清型(1、3、5、6A、7F、19A)が加えられたワクチンである。追加された6種類の血清型のなかには、薬剤耐性の比率が高い血清型19Aも含まれている。

今年の11月1日から「プレベナー13」は、「プレベナー」に替えて定期接種となった。既に子どもが「プレベナー」を接種している場合は、接種スケジュールの途中で「プレベナー13」に切り替えることが可能である。ファイザー株式会社は、11月1日からの定期接種への導入をスムーズに進めるために、10月28日から「プレベナー13」を発売した。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る