業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

体のむくみを改善 生薬エキス製剤「腎仙散」発売 森下仁丹】

2013年11月22日(金)13時19分配信 配信日:13/11/22 13:19 icon_view1093view icon_view1093view
■15種類の生薬を配合

11月12日、森下仁丹株式会社は、「腎仙散(R) ジンセンサン」(第2類医薬品 税込み価格 2310円)を11月25日に新発売することを発表した。「腎仙散」は、15種類の生薬を配合し、足・手・顔などのむくみ、尿利減少の改善に働きかける生薬エキス製剤である。同社のセルフメディケーションブランドの「メディケア(R)シリーズ」のラインアップに、新しく「腎仙散」が加わる。

■女性の6割が気になるむくみを改善

「腎仙散」は、利尿作用・抗炎症作用などの働きを持つ15種類の生薬を配合している。15種類の生薬は、タクシャ・ジオウ・チョレイ・ボウイ・ブクリョウ・ニワトコ・ソウジュツ・キササゲ・ケイヒ・ウワウルシ・インチンコウ・シャゼンシ・サンシン・ボウコン・シャクヤクである。これらの生薬の働きにより、腎臓の老廃物の排泄を促進し、気になる足・手・顔などのむくみを改善する効果がある。

「腎仙散」は、1箱18包入りである。用法・用量は、成人の場合、1回1包・1日3回・食間に服用し、8歳から15歳は、1回1/2包、4歳から7歳は、1回1/3包ずつ服用する。効能・効果は、むくみ・尿利減少・膀胱炎・腎炎・ネフローゼ・腎盂炎である。

森下仁丹は、同社が女性を対象として実施した調査で、全体の60.8%が「むくみが気になったことがある」という回答を得たとして、むくみは女性に一般的な悩みであるとしている。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る