業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

キョーリン、12月発売の新製品を発表

2013年12月22日(日)08時00分配信 配信日:13/12/22 08:00 icon_view785view icon_view785view
■キョーリン リメディオより4成分7品目を発売

キョーリン製薬ホールディングス株式会社は13日、同社の子会社であるキョーリン リメディオ株式会社から2013年12月に新たに発売するジェネリック医薬品、4成分7品目について発表を行った。

新発売となるのは、「チモロールXE点眼液0.25%「杏林」」「チモロールXE点眼液0.5%「杏林」」と、「ドネペジル塩酸塩錠10mg「杏林」」「ドネペジル塩酸塩OD錠「杏林」」、「パラシクロビル錠500mg「杏林」」、「ピタバスタチンCa錠1mg「杏林」」「ピタバスタチンCa錠2mg「杏林」」の7製品となっている。

いずれも2013年12月13日に薬価収載され、同日発売となった。

■調剤過誤、患者の誤飲等、防止策で工夫

「チモロールXE点眼液「杏林」」2種は、緑内障・高眼圧症の治療剤。シュリンクラベルのキャップ・本体部分に製品名を大きく表示したほか、ラベルの透明部から残量を容易に確認できるようにしている。つまみ付きで、開封も容易だ。

「ドネペジル塩酸塩錠10mg「杏林」」および「同OD錠「杏林」」は、いずれもアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行を抑制する。PTPに含量を見やすく表示したほか、1週間分にカット可能なPTPを採用した。OD錠では、PTPの中央に製品名を大きく表示し、かつ1錠ごとに成分名と含量を表示している。

「パラシクロビル錠500mg「杏林」」は単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制、水痘を効能・効果とするもの。錠剤の両面にレーザー印字を行っているほか、PTPに薬効の「抗ウイルス化学療法剤」との明記を行うなどしている。

「ピタバスタチンCa錠「杏林」」2種は、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療剤。こちらも錠剤の両面にレーザー印字を施したほか、PTPに薬効「高コレステロール血症治療薬」との表示を付けるなどしている。

キョーリン リメディオでは、こうした各薬剤における工夫により、調剤過誤の防止、患者の誤飲防止、アドヒアランス向上に寄与することを目指しているという。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る