業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

埼玉で米国製食欲抑制剤による健康被害の疑い

2014年01月18日(土)12時00分配信 配信日:14/01/18 12:00 icon_view523view icon_view523view
■厚生労働省から発表

厚生労働省は10日、埼玉県川越市からの報告を受け、医薬品成分を含有する海外製品に関し、健康被害発生が疑われる事例が生じている旨、発表を行った。今回健康被害を発生させたとみられている製品は、米国製の食欲抑制剤「OxyElite Pro」(オキシエリート プロ)だ。

この「OxyElite Pro」に関しては、海外及び国内において健康被害が疑われる事例が報告されていることから、2013年10月9日及び12月25日付で、厚生労働省から使用中止の注意喚起がなされていた。

発表によると、川越市在住の30歳代女性が、同製品をインターネットで購入し、使用したところ、食欲不振・吐き気・嘔吐・黄だんの症状などが現れ、同市内医療機関に入院した。現在、患者は退院し通院中。川越市保健所保健総務課では、この女性が製品を購入したサイトについての調査を進めているという。

■あらためて使用中止を呼びかけるとともに、個人輸入について、医療関係者への相談を求める

健康被害の発生が疑われている「OxyElite Pro」では、医薬品として使われるべき成分本質である「ヨヒンベ」(アカネ科の植物)の記載があり、一般的にこのヨヒンベには、医薬品成分の「ヨヒンビン」が含有されていることから、製品分析を行ったところ、実際にヨヒンビンを検出したという。

川越市保健所保健総務課及び厚生労働省では、該当製品を保有している場合は直ちに使用を中止するよう呼びかけるとともに、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診するよう訴えている。

また、こうした海外からの健康食品・医薬品の個人輸入を考える際には、自分ひとりで判断するのではなく、医師や薬剤師などの専門家に相談するよう、注意喚起を行っている。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る