運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

1日1錠 アレルギー専用鼻炎薬「エバステルAL」新発売

2014年02月01日(土)12時00分配信 配信日:14/02/01 12:00 icon_view1063view icon_view1063view
■「エバスチン」を初めてスイッチOTC化

1月20日、興和株式会社は、医療用成分「エバスチン」を配合したアレルギー専用鼻炎薬「エバステルAL」(第1類医薬品)を新発売したことを発表した。「エバステルAL」は、第二世代抗ヒスタミン薬「エバスチン」を、日本で初めてスイッチOTC化した医薬品である。

「非鎮静性」の抗ヒスタミン薬に分類される「エバスチン」は、脳内への移行性が低いことが確認されており、服用しても眠くなりにくくなっている。

■1日1回1錠で、1日効果が持続する

「エバステルAL」は、鼻みず・鼻づまり・くしゃみを主な特徴とするアレルギー性鼻炎の症状に効果を発揮する。アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダスト(室内塵)などを吸いこんだ時に、アレルギー誘発物質(ヒスタミン等)が体の中で放出されることで症状が現れる。

「エバステルAL」は、アレルギー誘発物質の作用を阻害し、その放出を元から抑制することによって、アレルギー性鼻炎の症状に優れた効果を発揮する。「エバステルAL」は、1日1回1錠の服用で1日効果が持続する薬である。就寝前に1錠服用すると翌日の夜まで効果が持続する。

「エバステルAL」を花粉など季節性のアレルギーによる症状に使用する場合には、花粉飛散の初期で症状が軽い早めの時期からの服用が効果的である。「エバステルAL」の税込み価格は、6錠入りが1460円、12錠入りが2100円となっている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る