運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

イグザレルトで間質性肺炎、注意喚起開始

2014年02月08日(土)15時00分配信 配信日:14/02/08 15:00 icon_view860view icon_view860view
■服用中の死亡例も、バイエル薬品が注意喚起

バイエル薬品株式会社は1月30日、同社の取り扱う抗凝固薬「イグザレルト錠10mg」「同15mg」(一般名:リバーロキサバン、以下「イグザレルト」)について、2012年の販売開始以降、同剤服用中に間質性肺炎があらわれた症例が13例報告されたことから、注意喚起情報を発表した。死亡例も報告されている。

バイエル薬品によると、2013年の「イグザレルト」推計使用者数は約20万人(2013年12月のデータに基づく推計)。死亡にいたったケースの症例数は明らかにされていないが、開示されている例では、80代の男性が心房粗動で1日10mgの投与を28日間受け、投与中止10日後に間質性肺炎で死亡している。この患者には心筋虚血と脂質異常症の合併症があったという。

そのほか公開されている報告症例では、80代の女性が1日10mg、4日間の投与で、80代男性が1日15mg、59日間の投与で、それぞれ間質性肺炎症状を発現し、投与を中止している。

■現在の添付文書には注意記載なし、早急に対応予定

現在の「イグザレルト」添付文書には間質性肺炎に関する注意記載はなされていないため、バイエル薬品では「使用上の注意」の改訂準備を進めているといい、今回の発表は、それに先立ち、注意の呼びかけを行うものとなっている。

医療従事者向け文書では、「適正使用についてのお願い」とし、せきや息切れ、呼吸困難、発熱、肺音の異常等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT、血清マーカー等の検査を行い、間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止、副腎皮質ホルモン剤の投与等、適切な処置を行うよう訴えている。また服用中の患者には、咳嗽、呼吸困難、発熱等があらわれた場合には、速やかに主治医に連絡するよう、あらかじめ説明することも求めた。

(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る