業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

エーザイ、ピロリ菌除菌パック製剤を発売

2014年02月23日(日)10時00分配信 配信日:14/02/23 10:00 icon_view1453view icon_view1453view
■PPIパリエットと抗菌剤を1つのパッケージに

エーザイ株式会社は14日より、胃潰瘍や胃がんなどの原因のひとつとされるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌に用いるプロトンポンプ阻害剤「パリエット」(一般名:ラベプラゾールナトリウム)と抗菌剤2成分の計3剤を組み合わせたパック製剤の発売を開始した。

発売となったのは、「パリエット」、アモキシシリン水和物(一般名)、クラリスロマイシン(一般名)の3成分について、1日の服用分を1シートにまとめた一次除菌用パック製剤の「ラベキュアパック400/ラベキュアパック800」と、「パリエット」、アモキシシリン水和物、メトロニダゾール(一般名)の3成分を同じく1シートにまとめた二次除菌用パック製剤となる「ラベファインパック」の3種。これらはいずれも昨年8月に製造販売承認を取得し、同年12月13日に薬価収載されている。

■飲み忘れ・飲み違いを防止し、除菌を確実に

「パリエット」と抗菌剤2種類を併用するヘリコバクター・ピロリ菌治療においては、適正な用法・用量を遵守することが重要である。飲み忘れや飲み違いが生じた場合、除菌率の低下や耐性菌の出現につながってしまう。

今回のパック製剤は、一次除菌・二次除菌のそれぞれに対し、1つのパッケージとすることで、より確実かつ適正な除菌治療の促進と服薬コンプライアンスの向上、医療現場における利便性アップが図れるものとなっている。

用法・用量は、一次除菌用の「ラベキュアパック400/ラベキュアパック800」が、通常成人に対し、ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)およびクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与するものとされている。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができるが、1回400mg(力価)1日2回が上限。

二次除菌用の「ラベファインパック」は、プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物およびクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合に、通常成人にラベプラゾールナトリウムとして1回10mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)およびメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る