運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

長期品特例的下げは「成分ごと」に判定

2014年02月25日(火)10時00分配信 配信日:14/02/25 10:00 icon_view566view icon_view566view
厚労省 「内・外・注」で区別、薬価改定は3月5日に官報告示

厚生労働省は4月に実施する14年度診療報酬改定と合わせて、薬価基準全面改定を3月5日に官報告示する。薬価改定については、11成分22品目が対象に決まっている「市場拡大再算定」の下げ幅、それを踏まえた算定薬価などが明らかになる。糖尿病治療薬のDPP4阻害剤「ジャヌビア」(MSD)、「グラクティブ」(小野薬品)、関節リウマチ治療薬「レミケード」(田辺三菱製薬)とそれらの類似品が対象だ。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る