運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

長期品特例的下げは「成分ごと」に判定

2014年02月25日(火)10時00分配信 配信日:14/02/25 10:00 icon_view507view icon_view507view
厚労省 「内・外・注」で区別、薬価改定は3月5日に官報告示

厚生労働省は4月に実施する14年度診療報酬改定と合わせて、薬価基準全面改定を3月5日に官報告示する。薬価改定については、11成分22品目が対象に決まっている「市場拡大再算定」の下げ幅、それを踏まえた算定薬価などが明らかになる。糖尿病治療薬のDPP4阻害剤「ジャヌビア」(MSD)、「グラクティブ」(小野薬品)、関節リウマチ治療薬「レミケード」(田辺三菱製薬)とそれらの類似品が対象だ。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1292件)

show

2017.02.22 new 230.ポイント問題が再燃はネット販売と同じ道を歩… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.15 new 229.そのメッセージは誰の展望なのか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.08 228.依然として続発する子どもの誤飲対策を薬剤師… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.02 84.院内・外の調剤料 【世塵・風塵】

2017.02.01 227.2020に向けスポーツファーマシストを活か… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19165件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5453件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:02月19日~02月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月19日~02月26日

もっと見る