業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

武田薬品、ブロプレス錠の報道に関する見解を発表

2014年03月07日(金)10時00分配信 配信日:14/03/07 10:00 icon_view1146view icon_view1146view
■臨床研究などに関する一連の報道を受け記者会見

武田薬品工業株式会社は3日、同社の高血圧症治療薬「ブロプレス錠」(一般名:カンデサルタン、シレキセチル)について、その医師主導臨床試験「CASE-J」をめぐる一連の疑義報道を受け、都内で記者会見を開催した。

まず、CASE-J試験におけるデータ改ざんの有無については、社内調査で同社が研究データの統計解析などに関与していないことを確認しているとしたほか、研究データベースへのアクセス権を有しておらず、アクセスした事実もないことが判明していると説明。疑われているようなデータの改ざんやねつ造はないとした。

また、当時高血圧治療の最重要課題であった、日本人患者における高血圧治療剤の有効性・安全性を検証するCASE-J試験を助成する目的で、京都大学EBM共同研究センターに奨学寄付金を拠出したが、試験は医師主導の臨床研究であり、この寄付が公正かつ適正な判断を損なわせる利益相反にあたるとは考えていないとの見解も発表した。

■誤解を招くプロモーション活動内容を謝罪

こうした見解を示したうえで、CASE-J試験の学会発表時の結果を用いたプロモーション活動を継続的に実施したこと、また実際に得られた研究成果について、一部誤解を招く表現でプロモーションを実施していたことを社内調査により確認したといい、この点を不適切であったと謝罪した。

武田薬品工業としては、今後、実際に展開されたプロモーション活動の事実関係を厳密に調査し、改善すべき点を明確にしていくという。具体的には、米国の社内専門家チームによる2回目の調査を進め、事実関係の十分な把握に努めるほか、より透明性を高めるため、第三者機関に調査を依頼するとしている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る