業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

後発品「新指標」で収載月に使用率低下

2014年03月13日(木)15時00分配信 配信日:14/03/13 15:00 icon_view1027view icon_view1027view
調剤薬局の加算取得“阻害要因”、問われるメーカー・卸の供給力

14年度から診療報酬や調剤報酬のなかに正式に組み込まれる、後発品使用割合の「新指標」(後発品/後発品のある先発品+後発品)によって、後発品の収載月である6月と12月に使用割合が減少する可能性が出ている。収載品目の増加で「分母が膨らむ」一方、すぐに切り替えを行わず「分子が変わらない」場合、自動的に使用割合が下がるためだ。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る