運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

後発品「新指標」で収載月に使用率低下

2014年03月13日(木)15時00分配信 配信日:14/03/13 15:00 icon_view935view icon_view935view
調剤薬局の加算取得“阻害要因”、問われるメーカー・卸の供給力

14年度から診療報酬や調剤報酬のなかに正式に組み込まれる、後発品使用割合の「新指標」(後発品/後発品のある先発品+後発品)によって、後発品の収載月である6月と12月に使用割合が減少する可能性が出ている。収載品目の増加で「分母が膨らむ」一方、すぐに切り替えを行わず「分子が変わらない」場合、自動的に使用割合が下がるためだ。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1298件)

show

2017.03.22 new 234.改めて一枚岩ではないことを露呈した 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.15 233.その事例を収集つもりはないのですか? 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.09 38.薬剤師向けサイトが充実している “3強”製薬… 【オモテに出ている裏話】

2017.03.08 232.消費者視点は“ズバリ”だ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.02 85.先発医薬品希望 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19447件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5497件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:03月22日~03月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:03月22日~03月29日

もっと見る