運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

武田薬品、新規2型糖尿病治療薬の製造販売承認を申請

2014年03月15日(土)15時00分配信 配信日:14/03/15 15:00 icon_view1083view icon_view1083view
■トレラグリプチンコハク酸塩について国内承認申請提出

武田薬品工業株式会社は7日、同日付で新規2型糖尿病治療薬のトレラグリプチンコハク酸塩(一般名、開発コード:SYR-472)について、厚生労働省に対し製造販売承認申請を行ったことを発表した。

トレラグリプチンコハク酸塩(SYR-472)は、週1回の投与で良好な血糖コントロールを実現するジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬。武田薬品工業の100%出資子会社である、米カリフォルニアの武田カリフォルニア Inc. が創製した。

インスリン分泌を促進する消化管ホルモンであるインクレチンホルモンのグルカゴン様ペプチド-1とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドの不活化をもたらすDPP-4を選択的かつ持続的に阻害する。これにより、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値を良好な状態にコントロールすることができる。

■週1回の投与でOK、服薬アドヒアランス向上に寄与

申請は、日本国内において2型糖尿病患者を対象に実施した、同薬剤の有効性および安全性を評価する複数の第3相臨床試験の結果に基づいてなされた。いずれの試験においても、週1回の投与で適切な血糖コントロールがなされたほか、良好な安全性・忍容性が確認されたという。

SYR-472は、頻繁で複雑な服薬・投与を必要とせず、週1回の投与で良好な効果を得られることから、患者の服薬アドヒアランスの向上に寄与するものと期待されている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る