業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アレルギー性鼻炎治療剤「アラミスト」が小児適応に

2014年03月31日(月)15時00分配信 配信日:14/03/31 15:00 icon_view1580view icon_view1580view
■17日付で小児適応を追加取得

グラクソ・スミスクライン株式会社は17日、同社の定量噴霧式アレルギー性鼻炎治療剤「アラミスト点鼻液27.5μg56噴霧用」(一般名:フルチカゾンフランカルボン酸エステル、以下「アラミスト」)に関し、小児適応の承認を新たに取得したことを明らかにした。

「アラミスト」は、アレルギー性鼻炎を効能・効果とする鼻噴霧用ステロイド薬。2007年4月に米国で承認されて以来、世界100カ国以上で承認を取得している。日本国内では、2009年4月に成人のアレルギー性鼻炎治療剤として承認された。

■1日1回の簡単投与、QOL向上に寄与

現在、日本では通年性のアレルギー性鼻炎患者やスギ花粉症患者数が増加の一途をたどっている。小児においても患者数は増加しているが、小児適応が認められている国内のアレルギー性鼻炎治療薬は少なく、治療の選択肢が限定されているのが現状だ。

こうしたなかで、アレルギー性鼻炎は患者のQOLに大きな影響を及ぼす疾患であり、小児においてはとくに睡眠や学業への影響が懸念されている。

「アラミスト」は、1日1回投与で効果を発揮する点鼻薬であり、握りやすい噴霧器を採用した唯一の横押し型薬剤となっている。薬液の残量を目で見て確認できる小窓がついているなど、使いやすい工夫が施されている点も特徴だ。

今回追加承認された小児適応での用法・用量は、通常1回各鼻腔に1噴霧(1噴霧あたりフルチカゾンフランカルボン酸エステルとして27.5μgを含有)を1日1回投与することとされている。なおグラクソ・スミスクラインでは、花粉症を含むアレルギー性鼻炎に関する情報サイト「鼻のおまもり biennet.jp」を運営し、患者への情報提供も進めている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る