運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アボット、デュファストン錠の取り扱いを開始

2014年04月05日(土)12時00分配信 配信日:14/04/05 12:00 icon_view749view icon_view749view
■4月1日より製造販売承認を承継

アボット ジャパン株式会社は「デュファストン錠5mg」(一般名:ジドロゲステロン)について、同社がその日本国内における取り扱いを4月1日より開始したと発表した。製造販売承認を承継しての提供開始となっている。

「デュファストン錠」は、産婦人科領域における切迫流早産、習慣性流早産、無月経、月経周期異常、月経困難症、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、子宮内膜症などの治療に用いられているレトロ・プロゲステロン製剤。1961年の発売開始以来、世界中の1,000万人以上の妊婦を含む累計3,800万人以上の患者に処方されてきた実績をもつ。日本では、第一三共株式会社が1965年に製造販売承認を取得、これまで製造・販売を担ってきた。

■重点領域の女性向け治療領域を拡充

アボット社は広範囲のヘルスケアに基盤をおくグローバルヘルスケアカンパニーであり、世界150カ国以上で科学的知見に基づいた診断薬・機器、医療機器、栄養剤、ブランドジェネリック医薬品の提供を主な事業内容として展開しているが、アボット ジャパンでは、女性向けの診断・治療領域を重点領域のひとつに位置付けている。

同社ではこの女性向けの医療領域において、診断から治療まで幅広い製品群を手がけており、近年では腸液の分泌を促進する慢性便秘症治療薬「アミティーザ」(一般名:ルビプロストン)を発売した。

アボット ジャパンでは、これに続いて今回「デュファストン錠」を製品ラインナップに加えることで、より多くの女性の健康にさらなる貢献ができるものと期待するとしている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る