運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

睫毛貧毛症処方薬の製造販売承認を取得 アラガン・ジャパン

2014年04月06日(日)12時00分配信 配信日:14/04/06 12:00 icon_view1467view icon_view1467view
■日本初の睫毛貧毛症治療薬

3月25日、アラガン・ジャパン株式会社は、睫毛(しょうもう)貧毛症治療薬「グラッシュビスタ(R)外用液剤」が、厚生労働省から製造販売承認を3月24日に取得したことを発表した。日本での「グラッシュビスタ(R)外用液剤」の発売時期は、販売の体制が整い次第、改めて発表するとしている。

「グラッシュビスタ(R)外用液剤」は、厚生労働省に日本で初めて認められた睫毛貧毛症治療薬である。「グラッシュビスタ(R)外用液剤」は、アメリカをはじめ、世界23の国または地域で、「睫毛貧毛症」を効能・効果として認可を得ている医薬品である。

■まつ毛の長さや量が足りない患者に

睫毛貧毛症とは、まつ毛が不十分である、または、物足りないことを特徴とする疾患である。まつ毛が薄かったり、短かったりした場合に、ほこりなどから目を守るというまつ毛本来の働きを果たせないことがある。

「グラッシュビスタ(R)外用液剤」は、睫毛貧毛症を改善するために医療用医薬品として開発したものである。「グラッシュビスタ(R)外用液剤」を専用のアプリケータに滴下して、就寝前に睫毛基部に塗布する。主要成分であるビマトプロスト(Prostaglandin F2a誘導体)の作用によって、患者のまつ毛が成長して症状が改善することが認められている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る