運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

興和、ウナ史上最強処方の治療薬発売へ

2014年04月05日(土)12時00分配信 配信日:14/04/05 12:00 icon_view1835view icon_view1835view
■「ウナコーワエース」シリーズを新発売

興和株式会社は28日、新製品としてかゆみ・虫さされ治療薬の「ウナコーワエース L」「ウナコーワエース G」(第2類医薬品)を4月2日より発売すると発表した。同社の「ウナコーワ」シリーズ史上最強処方の薬剤となるという。

「ウナコーワエース」は、蚊などだけでなく、毒虫などによる、強い炎症や激しいかゆみといったひどい虫さされ症状に対応できるよう設計された薬剤。炎症やはれによく効くアンテドラッグ型ステロイド成分(PVA:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)に、局所麻酔作用によってかゆみの伝わりを止めるリドカイン、ヒスタミンの働きを抑え、すばやくかゆみを鎮めることができるジフェドラミン塩酸塩を同時配合したトリプル処方となっている。

■シーンに合わせて使い分けられる2タイプを用意

これらトリプル処方の有効成分に加え、患部に清涼感を与える2種の清涼成分も配合し、快適な使い心地でかゆみをやわらげる仕様となっている。

好みやシーンに合わせて選べる2剤展開で、「ウナコーワエース L」は、使い勝手が良く、患部にさっと直接塗れるスポンジ容器を採用したもの。もう一方の「ウナコーワエース G」は、やわらかく伸びが良いアクアゲルタイプで、効果がより持続するものとなっている。こちらの「ウナコーワエース G」では、容器に破れにくく中身の製剤が出しやすい、そして最後まで使い切りやすいラミネートチューブを採用した。

効能・効果は虫さされ、かゆみ、湿疹、かぶれ、皮膚炎、あせも、じんましん。用法・用量は、1日数回適量を患部に塗布することとされている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る