運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

日本薬学会創薬科学賞、ミラベグロンに

2014年04月05日(土)15時00分配信 配信日:14/04/05 15:00 icon_view766view icon_view766view
■アステラスの過活動膀胱治療剤に決定

日本薬学会による「平成26年度日本薬学会創薬科学賞」がアステラス製薬株式会社の過活動膀胱治療剤「ミラベグロン」(日本での製品名は「ベタニス」)の創薬研究に決定した。27日、アステラス製薬より受賞の報告がなされた。

「創薬科学賞」は、1988年より日本薬学会が授与しているもので、医薬品の創製およびそれに関連した薬学の応用技術開発において、とくに医療に貢献したと認められる優れた研究業績を表彰している。

■アステラス製薬は通算5度目の受賞

アステラス製薬が同賞を受賞するのは、合併前の旧社、山之内製薬、藤沢薬品での受賞を含めると、通算5度目のこととなるという。

「ミラベグロン」は、尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁を適応症に、2011年9月より日本国内で発売が開始された、選択的β3アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤。現在「ベタニス」などの製品名で、日本や米国、カナダ、イギリス、ポルトガル、デンマークといった世界19カ国で発売されている。

受賞理由としては、従来の過活動膀胱治療剤であるムスカリン受容体拮抗薬と比較して、ミラベグロンは口内乾燥などの有害事象発現頻度が低く、膀胱のβ3アドレナリン受容体刺激作用を介して蓄尿時の膀胱を弛緩させ、蓄尿機能を改善するとともに患者のQOLを向上させるものであるという点や、アドレナリン関連化合物の特許が多い中で、活性と選択性に優れた独自の開発化合物を創製し、他社に先駆けた薬剤の開発、臨床現場への提供を成し遂げた点が挙げられた。

アステラス製薬では、今後も科学の進歩を患者の価値に変えて届ける取り組みを継続していくとしている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る