運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

製薬協、武田薬品工業の処分を決定

2014年04月13日(日)10時00分配信 配信日:14/04/13 10:00 icon_view1972view icon_view1972view
■役職活動6カ月停止と発表

日本製薬工業協会(製薬協)は3日、会員会社である武田薬品工業株式会社に対し、高血圧症治療薬の臨床研究「CASE-J」で不適切なプロモーション活動を行っていたことが明らかとなった問題を受け、同社の役職活動を2014年4月3日より6カ月間停止すると発表した。

コンプライアンス委員会の審議に基づいて決定された措置で、製薬協副会長職にある長谷川閑史武田薬品工業社長の協会役職活動が今後半年間停止される。武田薬品工業側も、この決定内容について連絡を受領した旨、発表している。

■第三者機関による調査は継続中、再発防止目指す

「CASE-J」試験は、「ブロプレス」(ARBカンデサルタン)とカルシウム拮抗薬アムロジピンを比較した大規模臨床試験。武田薬品工業は、この学会発表時のデータを用いたプロモーション活動を2007年1月以降実施し、論文発表後も、学会発表データを論文発表データに切り替えることなく、プロモーションに用い続けていた。製薬協はこの行為を不適切と判断、「医療用医薬品プロモーションコード」違反に該当するとして、処分を決めた。

武田薬品工業によると、「CASE-J」試験に関する一連の問題に関しては、現在も第三者機関による調査が進められている最中であるといい、同社はこれに全面的に協力していくという。そして今後は是正・改善すべき点を早急に明確にし、再発防止に向けて全力で対応していくとコメントした。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る