業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

武田 酸関連治療剤「ボノプラザン」、既存薬より早い症状改善

2014年05月08日(木)12時00分配信 配信日:14/05/08 12:00 icon_view1419view icon_view1419view
武田薬品は7日、酸関連疾患治療剤「TAK-438」(開発名、一般名=ボノプラザンフマル酸塩)の5つの国内第3相試験結果を発表した。同社のプロトンポンプ阻害剤(PPI)「タケプロン」(一般名=ランソプラゾール)と比較検討したもので、逆流性食道炎を対象にした試験では、内視鏡所見での投与8週後までの治癒率が、タケプロン群の95.5%に対し、TAK-438群は99.0%と、非劣性が認められた。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る