運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

ドボネックス軟膏、レオファーマが製造販売承継

2014年05月17日(土)10時00分配信 配信日:14/05/17 10:00 icon_view1344view icon_view1344view
■帝國製薬からレオ ファーマが承継

レオ ファーマ株式会社と帝國製薬株式会社は7日、帝國製薬が製造販売を手がけてきた尋常性乾癬治療剤「ドボネックス軟膏50μg/g」(一般名:カルシポトリオール、以下「ドボネックス軟膏」)について、その製造販売承認をレオ ファーマが承継したと発表した。この承継は、2014年4月30日付けで行われている。

「ドボネックス軟膏」は、レオ ファーマの親会社であるデンマークのLEO Pharma A/Sが開発した活性型ビタミンD3誘導体を有効成分とする外用剤。表皮の角化細胞にあるビタミンD受容体と結合して、細胞増殖の亢進、分化(角化)異常、皮膚免疫細胞の異常などを正常化する。1991年に尋常性乾癬の治療薬として英国で上市されて以来、乾癬治療の外用療法基本薬として、世界でひろく用いられている。

■今後も鳥居薬品による販売は継続

日本国内では、帝國製薬がLEO Pharma A/Sから導入して国内開発を進め、2000年1月に厚生労働省より製造販売承認を取得。尋常性乾癬を効能とし、通常1日2回適量を患部に塗布するものとして、処方されている。

現在、販売は鳥居薬品株式会社からなされており、今回の製造販売承継後も、帝國製薬との提携のもと、鳥居薬品による販売は継続されるという。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る