業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

塩分の摂取状況を測定 尿中Na/K比測定器 を開発 

2014年05月25日(日)10時00分配信 配信日:14/05/25 10:00 icon_view2679view icon_view2679view
■ナトカリ計を今秋発売予定

5月14日、オムロン ヘルスケア株式会社は、簡単に摂取塩分の状況を測定できる研究用の尿中Na/K(ナトリウム/カリウム:ナトカリ)比測定器「オムロン ナトカリ計 HEU-001F」(以下 ナトカリ計)を開発したことを発表した。今年の秋に、研究者向けに発売する予定だという。

ナトカリ計は、昼間の排尿時の尿を1日1回、1週間程度、測定センサーに垂らすことにより、簡単に個人の尿中のNa/K比を確認することができる。

■塩分の摂取状況を確認し食生活を改善

高血圧の主要要因の1つとして、塩分の過剰摂取があげられる。高血圧の管理には、食生活で塩分やカリウムの摂取量を管理することが重要となる。食事の塩分摂取計測は、1日分の尿をすべて溜めて医療機関で分析する24時間蓄尿検査が必要であり、簡単な計測が難しいのが現状であった。

オムロン ヘルスケアは、24時間蓄尿検査に代わる簡単な手法を開発する過程で、世界的な疫学研究「INTERSALT研究」で血圧との関連が示されている「尿中Na/K(ナトリウム/カリウム:ナトカリ)比」という指標に着目した。同社と滋賀医科大学との共同研究によって、1日1回、1週間程度、尿をセンサーに垂らすことで計測した数値が、24時間蓄尿によるこれまでの手法とほぼ同等の数値となることが分かった。

開発されたナトカリ計を利用することで、日常生活におけるナトカリ比を高精度に簡単に把握することが可能になり、これまで把握が難しかった個人の日々の塩分・カリウム摂取の状況を手軽に数値で確認することが可能となる。今後、ナトカリ計は、高血圧患者の高血圧予防や管理ツールとしての活用が期待されている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る