業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

2型糖尿病の経口治療薬「デベルザ錠」を発売 興和株式会社

2014年06月01日(日)15時00分配信 配信日:14/06/01 15:00 icon_view1185view icon_view1185view
■「デベルザ(R)錠 20mg」5月23日新発売

5月23日、興和株式会社は、選択的SGLT2阻害剤「デベルザ(R)錠 20mg(一般名:トホグリフロジン水和物)」が同日付で薬価収載されたことを発表し、同日より販売を開始した。「デベルザ(R)錠」は、2014年3月24日に製造販売承認を取得した。

■腎尿細管で糖の再吸収を阻害し、尿で排出

「デベルザ(R)錠」は、中外製薬株式会社が創製した選択的ナトリウム・グルコース共輸送体2阻害剤である。同剤は、腎尿細管でグルコースの再吸収を阻害することによって、血液中の過剰な糖を尿中へ排出させ、血糖を低下させる効果がある。

「デベルザ(R)錠」は、国内で実施した2型糖尿病患者を対象とした第3相臨床試験で、血糖コントロールの指標であるHbA1c値の有意な低下が確認され、忍容性も認められている。

「デベルザ(R)錠」の用法・用量は、通常、成人にはトホグリフロジンとして、1日1回、20mgを朝食前または朝食後に経口投与する。興和は、「デベルザ(R)錠」の発売によって、異なる作用機序をもった2型糖尿病治療剤の取り扱いを開始することで、多くの患者に糖尿病治療薬の選択肢を提供するとしている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る