業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

白血病薬研究、ブリストルも「不適切」関与

2014年06月25日(水)10時00分配信 配信日:14/06/25 10:00 icon_view692view icon_view692view
東大病院 SIGN問題の余波 第一三共の寄附講座「利益相反の管理を」

東京大学医学部附属病院は24日、血液・腫瘍内科の黒川峰夫教授が実施した白血病治療薬「スプリセル」(一般名=ダサチニブ)の医師主導臨床研究で、ブリストル・マイヤーズの社員による不適切な関与があったと発表した。臨床研究のデザインの大部分をブリストルが作成していた。論文未発表の研究で、改竄は確認されていない。研究は5月9日に中止した。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る