業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

ジェネリック医薬品9品目を新発売 ファイザー製薬

2014年06月30日(月)18時00分配信 配信日:14/06/30 18:00 icon_view2035view icon_view2035view
■バルサルタン錠などを新発売

6月20日、ファイザー株式会社は、同社のエスタブリッシュ医薬品事業部門の後発医薬品(ジェネリック医薬品)として、バルサルタン錠やゾレドロン酸点滴静注液などの9品目を新発売することを発表した。

■エスタブリッシュ医薬品として医療現場へ

今回、ファイザーが発売した新規の製品は、バルサルタン錠20mg「ファイザー」、バルサルタン錠40mg「ファイザー」、バルサルタン錠80mg「ファイザー」、バルサルタン錠160mg「ファイザー」、ロサルヒド(R)配合錠LD「ファイザー」、ゾレドロン酸点滴静注液4mg/5mL「ファイザー」、ゾレドロン酸点滴静注液4mg/100mLバッグ「ファイザー」の7品目となる。

そして、シロスタゾールOD錠50mg「マイラン」とシロスタゾールOD錠100mg「マイラン」が剤形追加となり、9品目が販売開始となった。ファイザーでは、誤投与・飲み違いの防止のために、バルサルタン錠とロサルヒド(R)配合錠で「つたわるフォント」による錠剤への製品名と用量の両面印字を採用した。

今後も、ファイザーでは、特許が切れた同社の長期収載品と後発医薬品を区別することなく、「大切に、長く使われていく標準的な治療薬」をエスタブリッシュ医薬品として取り扱う方針である。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5681件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る