業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

横倉会長、参照価格制度「まだ無理」‐信頼向上へ国が企業指導を‐日本医師会

2014年10月25日(土)12時00分配信 配信日:14/10/25 12:00 icon_view508view icon_view508view

日本医師会の横倉義武会長は15日、財政制度等審議会が後発品の使用促進に向け、参照価格制度の導入を提言したことに対し、「日本全国の地域において、あらゆる後発品が必ずしも安定的に供給されていないことを踏まえると、まだ無理ではないか」との見解を示した。その上で、依然として品質と安定供給体制に不安があると指摘。国がメーカーを指導していくなどの環境整備が必要と訴えた。

財政審は、8日の財政制度分科会で、医薬品の保険給付を適正化するため、先発品の保険給付額を後発品に基づき設定し、それを上回る部分は患者負担とする「参照価格制度」の検討を提言した。

ただ、横倉氏は「保険給付部分に加え、それを超える部分は全額自己負担となり、自己負担が大幅に増加する。こういう制度を導入すると、支払能力によって必要な医療が制限される心配がある」と懸念を表明。

財政制度分科会では、後発品ロードマップの目標再設定、保険者機能の強化など、さらなる後発品の使用促進に向けた提言を行っているが、横倉氏は「後発品が先発品と同等との認識は一致しているが、まだ原薬や添加剤の違いなどにより、不安をいだく国民、医療者もいる」と指摘した。

その上で、「十分な信頼性を得られていない一部の後発品の情報を吸い上げて検討し、有効性や安全性、品質に関する情報を提供する必要がある」とし、さらに国民や医療者の信頼を得るよう、後発品の品質や供給体制の安定に向け、国がメーカーを指導していくことなどの環境整備が必要と訴えた。

薬価の毎年改定については、「診療報酬改定と薬価改定はセットで行うことを前提に現在の算定ルールが設定されているため、毎年改定は診療報酬とのバランスを欠くことになる」と改めて反対姿勢を示し、「医療機関、調剤薬局のレセプトコンピュータや保険者のマスター更新に毎年膨大な費用が発生することになるなど、大きな負担を強いることになる」と強調した。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る