運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

基礎研究費の確保を提言‐科研費激減に懸念示す‐国立大学医学部長会議、国立大学附属病院長会議

2014年11月16日(日)18時00分配信 配信日:14/11/16 18:00 icon_view694view icon_view694view

国立大学医学部長会議、国立大学附属病院長会議は12日、都内で合同記者会見し、科学研究費の減少に歯止めをかけるため、基礎研究費の確保を求める提言を発表した。特にマウスや試薬等、経費がかかる医学研究分野は、2012年度に比べて実質10%近いマイナス予算となっていることに懸念を表明。基礎研究費の増額を訴えた。

両会議は、国立大医学部の科研費獲得状況に言及。採択率は30%程度と横ばいが続いているが、申請金額に占める採択金額が12年度の72・36%から14年度は67・13%に5%以上減少している状況を示し、特に新規採択課題への予算額が昨年度比38億円減少していると強調した。

名古屋大学の高橋雅英医学部長は、消費増税による研究材料と光熱費の高騰、円安による輸入試薬や研究材料の高騰等を挙げ、「2年前に比べると実質的に10%近いマイナス予算となっている」と指摘。研究費の節約も限界とし、論文数減少や若手研究者への影響に危惧を示した。

その上で、医療分野の研究開発予算を「日本医療研究開発機構」に一元化する動きに言及。科研費のうち約600億円が新独法に移管されることに対し、「それがどう使われるか危惧している」と懸念を示した。

さらに、日本の科学研究論文数が落ち込み、最近10年間で世界では約5割増加しているものの、国立大学の論文数は減少している。こうした点を捉え、ノーベル物理学賞を受賞した青色発光ダイオードの研究を例に挙げ、「現在、イノベーションを主体とした大型の研究支援が行われている一方で、応用研究の基盤となる基礎研究への研究費が激減し、基礎研究と応用研究のバランスが崩れている」と指摘。「大型の応用研究への集中ではなく、地道な基礎研究にも研究費を措置すべき」と提言した。

国立大医学部長会議が全国33大学104講座に行った調査では、「マウスの購入数が制限を受けており、十分なインビボでの評価系を立ち上げることができず、追加実験を行えない状況がある」等の声が上がっており、科研費減少による研究の質低下への懸念も示された。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18435件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る