運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

専属スポーツファーマシスト、全競技団体に配置‐全国初、来秋の国体に向け‐和歌山県薬剤師会

2014年12月05日(金)15時00分配信 配信日:14/12/05 15:00 icon_view502view icon_view502view

和歌山県薬剤師会は今年度から、和歌山県の要請を受けて、国体に出場する40競技団体の全てに専属のスポーツファーマシストを配置した。各競技団体でアンチ・ドーピング講習会を実施し、個別の相談にも応じている。来秋開催の紀の国わかやま国体に向けて、薬物を使って好成績を収めようとする意図的なドーピングや、うっかりドーピングを防止し、選手のフェアプレイを支援する。各競技団体への専属者の配置は全国で初めてという。

和歌山県薬は、30人強のスポーツファーマシストを希望に応じて40団体に割り振った。現在は複数団体を掛け持ちするケースもあるが、来年度は各競技団体にそれぞれ2人以上を配置したい考えだ。

増員に向けて、和歌山県からの委託事業として得た120万円の予算をもとに、スポーツファーマシストの資格取得に必要な認定プログラムの受講料の半額を補助。101人の薬剤師が受講した。来春には資格を取得できると見込まれ、来年度には100人以上のスポーツファーマシストを各競技団体に配置できる見通しになった。

配置されたスポーツファーマシストは今春以降、各競技団体でアンチ・ドーピング講習会を実施してきた。OTC薬のかぜ薬など身近な薬や食品の中に禁止物質が含まれていることを解説し、薬を飲む前には必ずスポーツファーマシストに相談するよう伝えている。

監督やコーチを介したり、選手本人から直接相談を受ける体制を構築し、個別の相談にも応じている。今春からの半年間で約200件の相談を受けた。多いのは鎮痛剤の使用に関するもの。鎮痛剤はドーピングにひっかかると考えている選手は少なくないが、その多くは使用可能だ。選手は十分な知識を持っておらず、支援が必要という。

和歌山県薬常務理事の山下真経氏(くまの薬局)は「専属スポーツファーマシストの配置によって選手の相談窓口ができた。各競技団体での定期的な講習会を通じて、選手たちと密接なかかわりを持てるようになった。全国の模範になるよう、国体をきっかけに継続的な活動につなげていきたい」と語る。

来秋の紀の国わかやま国体に向けて今後、この取り組みをさらに強化する。また、学校薬剤師との連携を深め、児童や学生にアンチ・ドーピングの知識を伝える活動を展開したい考えだ。

専属スポーツファーマシストによる講習会や個別相談は、ボランティア活動と位置づけられ、報酬を得られていないことが課題だ。現在は和歌山県から委託費を得ているが、国体終了後この活動を続けていくためにも、このままではスポーツファーマシストの負担が大きいとして、何らかの対策が求められるという。

また、トラブルが発生し責任を問われた場合の損害に対して保険金が支払われる「スポーツファーマシスト救済制度ができたらいい」(山下氏)としている。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る