運営からのお知らせ
  • HOME
  • 業界ニュース
  • 行政・制度
  • 認知症の兆候を早期発見‐長寿医療セなど4機関、富士通と共同研究協定‐富士通、国立長寿医療研究センター、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、東京医科歯科大学

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

認知症の兆候を早期発見‐長寿医療セなど4機関、富士通と共同研究協定‐富士通、国立長寿医療研究センター、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、東京医科歯科大学

2014年12月28日(日)12時00分配信 配信日:14/12/28 12:00 icon_view1540view icon_view1540view

富士通と国立長寿医療研究センター等の高度医療研究機関は24日、都内で記者会見し、医療分野のビッグデータを活用した共同研究を行う協定を結んだと発表した。その中で、長寿医療研究センターは、高齢者の機能健診で得られたデータを用い、2018年度までに認知症の兆候を早期発見するシステムを開発し、介護予防につなげる大規模疫学研究を実施する。

富士通は昨年、「未来医療開発センター」を設立。医療ビッグデータの基盤を構築し、ICTを活用した健康増進、疾患の重症化予防や早期発見、新薬創出等の検討を進めてきた。

今回、ビッグデータの基盤が有効に機能するか検証を行うため、国立長寿医療研究センター、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、東京医科歯科大学の4機関と共同研究を行う協定を結んだ。共同研究では、日本人の死因上位を占める癌、循環器疾患、認知症等の予防を目指す。

特に高齢化社会へ向け注目度が高い認知症については、長寿医療研究センターが認知症の早期発見システムを開発する計画だ。認知症の治療薬開発が遅れている中、予防とケアが焦点となっており、同センターの鳥羽研二理事長は、「今できることを考えると、予防はますます大事になる」と述べ、早期発見から介護予防につなげる重要性を強調した。

同センターで認知機能検査などの高齢者機能健診を実施し、今後5年で約1万3000例を登録してデータベースを構築。そのうち数千人を抽出して解析を行う。これらビッグデータを用い、市町村と連携した認知症予防対策を進めたり、地域包括支援センターの医療支援チームが早期診断に生かしたりすることで、介護予防につなげる。市町村が有効な認知症施策を立てるためのモデルとしても活用する。

また、がん研究センターは、政府のメディカルゲノムセンター整備の一環として、患者ごとに癌組織のゲノム解析を行い、同定された変異に基づく個別化医療を診断事業として進める。16年度までに、癌のゲノム医療実施の仮体制を整備する予定。循環器病研究センターは、医療費の2割を占める循環器疾患の予防に向け、食事や運動等の生活習慣に関するビッグデータ解析により、患者の行動変容を促す新たな介入方法を開発する。

循環器病研究センターでデータを収集、分析し、富士通が電子健康記録用データベースの構築、解析システムの開発を手がける。

富士通は、ビッグデータの基盤を活用した共同研究に300億円を投じ、200人規模の体制で進める。



写真:協定内容などを説明する関係者


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る