運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

分割調剤、基本小委で議論‐14年度改定附帯意見の取扱い‐中央社会保険医療協議会総会

2015年02月01日(日)15時00分配信 配信日:15/02/01 15:00 icon_view527view icon_view527view

中央社会保険医療協議会は、次期診療報酬改定の申し送り事項となる2014年度改定の答申附帯意見に盛り込まれた分割調剤の導入について、診療報酬基本問題小委員会で議論した上で、総会で議論することを28日の総会で了承した。

特定機能病院などの大病院では、慢性疾患患者に対して長期処方が行われることが多く、これが薬剤の飲み残しにつながり、医療費を押し上げている要因の一つになっていると考えられている。

そのため厚生労働省は、昨年1月に中医協がまとめた14年度診療報酬改定の骨子に、特定機能病院などで長期処方された薬剤を原則として薬局が分割調剤し、2回目以降は主治医との連携のもとで必要量を調剤して残薬を減らす対応を試行的に導入することを提案した。

しかし、複数の医師委員から、「飲み残しがあるのであれば、主治医に言って量を減らすべき」「薬剤師が法的責任を持てるのか」など、慎重な意見が相次ぎ、導入が見送られた経緯がある。

分割調剤の導入は、次期改定までの宿題となり、14年度改定答申の附帯意見に「残薬確認の徹底と外来医療の機能分化・連携の推進等のため、処方医やかかりつけ医との連携を含めた分割調剤について引き続き検討すること」との文言が盛り込まれた。

この日の総会では、15項目の附帯意見のうち、分割調剤やICT(情報通信技術)を活用した医療情報共有の評価のあり方など、横断的な議論が求められる事項については、まずは基本問題小委員会で議論した後、総会で議論することを確認した。

また、総会では次期診療報酬改定に向けた検討の場のあり方についても議論した。

中医協は昨年、総会の前に、特定の事項についてあらかじめ意見調整を行う基本問題小委員会で議論し、検討が必要な案件については総会に場を移して議論を深める仕組みを復活させたが、総会と基本小委では重複する委員が多いことから、次期改定の議論を効率的に行う観点から、原則として総会で議論を進めることが了承された。

ただ、DPC評価分科会や医療技術評価分科会など、診療報酬調査専門組織で議論されたものについては、基本小委で議論した上で、総会でも議論を行う。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19745件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る