業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

医薬分業「再検討すべき時期」‐市民目線の医療介護で報告書‐市民の目線で医療と介護を考える会

2015年03月09日(月)11時37分配信 配信日:15/03/09 11:37 icon_view1206view icon_view1206view

市民の目線で医療と介護を考える会(代表:坂口力元厚生労働相)は4日、皆保険制度をはじめとする日本の社会保障の持続性を担保するため、医療・介護のあり方に関する報告書をまとめ、塩崎恭久厚生労働相に提出した。超高齢社会における医療サービスの提供に当たって、「地域の医療資源の一環として薬局の機能を再評価する必要がある」としつつ、医薬分業のあり方に言及。「患者・利用者の視点で見て、どれだけ効用を発揮しているのか改めて検討すべき時期に来ている」と提言した。

報告書は、国民生活の最大の不安要因となっている医療と介護の問題について、社会保障の持続性を担保する観点から、市民の目線に立って政策をまとめたもの。その中で、超高齢社会における医療サービスのあり方については、高齢者の自立、自己改革が基本とし、重症化予防や居宅など生活の場での医療サービス提供が重要になってくると指摘した。

住民、患者一人ひとりの選択が重視される医療・介護を目指し、「お任せ医療」「お任せ介護」から脱皮を図り、市民目線の医療・介護提供体制に変革していく必要があるとし、地域単位での計画的な医療機能の集約・包括化、生活圏域における医療・介護機能の連携、医療・保険・介護・福祉の包括化を進めていくことが求められていると提言した。

その中で、薬局の役割に言及し、「国民皆保険の定着に加え、この20年余の間に医薬分業が急速に進展してきたことなどから、地域における薬局の姿も大きく変化してきた」との認識を示しつつ、国民医療費の増加に占める調剤医療費の割合が最も高いことを指摘した。

その上で、調剤医療費がこの30年間で大きく増加してきたのに対し、「医薬分業が患者、利用者の視点で見てどれだけ効用を発揮しているのか、医療の質向上に貢献したのか、医薬分業のあり方について改めて検討すべき時期が来ている」と医薬分業のあり方について再検討を求めた。

一方で、「薬局がかつて健康や医療に関する身近な相談先として大きな役割を果たしてきた」と意義を強調。セルフメディケーションが改めて重視される中、地域における医療資源の一環として、薬局のあり方と機能を再評価する必要があるとの考えを示した。

そのために、かかりつけ薬局制の定着が期待されるとし、薬学教育6年制のもとで新たな薬剤師が多く誕生してきている中、新たな取り組みに期待感を示した。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る