業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

包括的連携協定創設‐中核病院などに対象拡大‐医薬品医療機器総合機構

2015年03月13日(金)10時50分配信 配信日:15/03/13 10:50 icon_view604view icon_view604view

■連携大学院を発展的解消

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、これまでの連携大学院に代わる制度として、新たに「包括的連携協定」を創設する。広範な協力・連携体制を構築するため、連携大学院を発展的に解消し、連携対象を大学だけでなく、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)や、質の高い臨床研究を進める病院や研究機関にまで拡大。連携する項目や内容も、双方で協議しながら選択・設定できるようにする。連携の基盤を双方向の人材交流にすることで、特徴ある効果的な連携を目指す。PMDAは今後、連携を希望するアカデミアと協議を進める。

連携大学院では、修学職員として受け入れた連携先の大学院生に、医薬品・医療機器の審査・安全対策の実務経験を通じて、エビデンスに基づいた有効性、安全性に関する基本的な判断能力を身につけてもらい、そこで得た知識・経験をもとに論文を作成し、博士号を取得するなどの取り組みを行っていた。

一方、PMDAの職員も学位取得を目的に社会人入学の形で大学院生となり、PMDA業務に関連した研究を行ったり、職員を客員教授として大学に派遣してレギュラトリーサイエンス(RS)の講義を実施するなどの取り組みを進めていた。ただ、連携を大学院の枠組みに限定している現行の制度では、連携先や協力の内容が限られ、双方にメリットのある協力関係が構築しにくいなどの課題もあった。

2009年の制度創設から5年以上が経過し、制度見直しの気運が高まったため、連携対象を広げ、専門機関と広範な分野で協力・連携を進める「包括的連携協定」を構築することにした。

連携先専門機関の強みを生かした連携内容を設定するほか、連携関係を構築する際には、連携の本質的意義や目的、解決すべき共通の課題などを整理し、双方の連携メリットの明確化を図る。

PMDAへの人材派遣を中心とした交流を通じて、PMDA職員が連携先専門機関で科学的な視点に立った経験の幅が広がったり、連携先の専門機関側が薬事の考え方を取り入れることで、RSの推進・普及や臨床研究の質的向上につながることを見込む。既に協定を締結している大学については、連携目的を含めた連携のあり方を個別に協議していく。

RS推進部の蛭田浩一部長は、「これまでは、必ずしもアカデミアの人材をPMDAが受け入れるシステムにはなっていなかった」とし、双方向による人材交流の意義を強調。PMDAでRSの考え方を身につけた医師などが医療現場に戻って中核的な業務に従事するようになれば、「PMDAの審査、安全対策業務などがこれまで以上にスムーズになることも期待できる」とした。また、PMDAの職員に足りないとされる“現場感覚”も補うことができ、「連携協定で得られるものは多い」と語った。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る