運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

HbA1c測定が最多‐検体測定室の約7割で実施‐厚生労働省

2015年03月13日(金)10時51分配信 配信日:15/03/13 10:51 icon_view1029view icon_view1029view

厚生労働省は10日、薬局等で測定されている項目別の検体測定室数を公表した。最も多く測定されていた項目はHbA1cで68・7%、次いで血糖値が67・0%と、糖尿病関連の簡易検査を行っている検体測定室が約7割に達した。

厚労省によると、検体測定室の届け出状況は1月1日現在で986件。毎月100件程度の届け出があり、既に1000件を突破した。届け出のあった検体測定室のうち、968件(98・2%)は薬局・薬店、ドラッグストアが占め、その他は駅構内等の商業施設となっている。

この日開かれた医政関係主管課長会議では、測定項目別の検体測定室が公表された。最も測定している項目が多かったのがHbA1cで677カ所、次いで血糖値が661カ所と、糖尿病関連の項目が約7割を占めた。その他、HDLが587カ所、中性脂肪が567カ所、LDLが544カ所と、脂質関連の項目も多く測定されている。

都道府県別に検体測定室の届け出数を見たところ、1月1日現在で最多は、石川県の165カ所、次いで佐賀県96カ所、東京都71カ所、茨城県と香川県の54カ所と続き、石川県が全国の検体測定室のうち約17%を占めた。

医政局地域医療計画課の北波孝課長は、引き続き検体測定室に関する事務を行う方針を説明した上で、「仮に1回でも感染症の問題事案が発生した場合には、地域の公衆衛生に与える影響がある。その場合は都道府県と連携し、対応を取らせていただきたい」との考えを説明し、都道府県担当者に事務執行への理解と協力を求めた。

また、検体測定室の感染防止に向けた衛生管理を徹底するため、昨年10月に各都道府県に連絡窓口の登録を通知していたが、いまだ13都道府県、33保健所設置市、17特別区から回答がないとし、速やかな登録を呼び掛けた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1275件)

show

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(18435件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る