緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

公開討論、“門内薬局”容認論相次ぐ‐構造上の規制、緩和すべき‐政府・規制改革会議

2015年03月16日(月)11時02分配信 配信日:15/03/16 11:02 icon_view1432view icon_view1432view

政府の規制改革会議は12日、「医薬分業における規制の見直し」をテーマに都内で公開ディスカッションを行い、病院の中や敷地内に薬局を開設する“門内薬局”を禁止している規制のあり方について議論した。厚生労働省や日本薬剤師会は、患者が複数の医療機関を受診するケースが増えていることを踏まえ、地域のかかりつけ薬局で患者の服薬状況を一元的に管理する必要性を強調。面分業を進めるためには、経営や立地を含め、あらゆる面で病院と独立している必要があると主張した。しかし、門前薬局が乱立している現状から、患者が薬局まで移動しなければならない状況は不便だとして、「病院内への薬局設置を認めるべき」との意見が相次いだ。

同会議側が論点に挙げたのは、省令で医療機関内への薬局開設を禁止することの妥当性。

厚労省の成田昌稔大臣官房審議官(医薬担当)は、医療機関内に薬局を設置すれば、「医療機関からの処方箋が誘導され、門前薬局を助長することになりかねない」と指摘。その上で、「医師と薬剤師による処方箋のダブルチェック、副作用や残薬のチェックなどを行ってもらう面分業、かかりつけ薬局が医薬分業の姿だと思っている。そのための施策を進めたい」と述べた。

日薬の森昌平副会長も、「医療機関と一体的な構造になることは、機能的に薬局が特定の医療機関のものになってしまう。一人の患者の薬物治療を全人的に管理するためには、マンツーマンの関係ではなく、幅広い医療機関からの処方箋を受ける面分業を進めることが国民のためになる」と主張した。

しかし、公道を挟んで門前薬局が乱立している現状を踏まえ、同会議の委員からは、患者の利便性の観点から「病院内に薬局を開設できない規制は不便」といった意見が多く出た。

森下竜一氏(大阪大学大学院医学系研究科教授)は、「病院内に薬局があっても経営は分離できる。建前論ではなく、実態に即して患者のメリットを考えるべき」と主張。林いづみ氏(桜坂法律事務所弁護士)も、「経営の独立性が確立されていれば、門内薬局を認めてもいいのでは。厚労省には(省令を)見直してもらいたい」と述べた。

討論会では、院内処方よりも患者負担が大きくなる院外処方でのサービスがコストに見合っているかについても議論した。

健康保険組合連合会の白川修二副会長は、医薬分業を進めることに一定の理解を示しつつも、処方箋料と調剤基本料の支払いにより患者負担が増していることを指摘し、「コスト負担に見合うだけの機能を薬局が果たしているのか」と疑問視した。

厚労省の吉田学大臣官房審議官(医療介護連携担当)は、患者の服薬情報を一元管理し、気軽に相談ができる、かかりつけ薬局を増やすことが医薬分業の目的と説明したが、国民の理解も含め、こうした取り組みは「道半ば」とした。

規制改革担当の有村治子内閣府特命担当大臣は、「関係方面から方向性を決めるような発言をするなと言われている」と断った上で、医薬分業の是非が「議論のテーブルに載ったこと自体、画期的なこと。正々堂々と議論を戦わせてもらいたい」と述べた。

 

■岡議長、6月答申も視野に議論‐利便性とサービスに焦点

公開討論後、記者会見した規制改革会議の岡素之議長は、「患者の利便性、薬局・薬剤師のサービスという論点については多少整理できた」と述べ、今後も医薬分業をめぐり、同会議として健康・医療ワーキンググループ(WG)で議論を深めていく考えを示した。6月の答申に盛り込む方向も視野に、利便性とサービスの観点から丁寧に議論を進めたい考え。

この日の公開討論で、院内への薬局設置を認めるよう求める意見が大勢だったことについて、岡氏は「まだ結論があるわけではなく、何も決まっていない」と議論が白紙であることを強調。「もっと薬局、薬剤師を活用してもらう部分もあるし、単に医薬分業のコストが高い、低いと議論しても意味がない」として、今後さらに医薬分業に関するサービス、コストの観点で議論を深めていきたい考えを示した。

同会議として、2016年度診療報酬改定に向けた提言を行うかどうかについては、「まだ議論に着手したばかりで、そこまでたどり着くかどうかも分からない。あくまでも二つの切り口で議論を深めて、6月の答申までに意見がまとまれば盛り込んでいこうという段階」と述べるにとどめた。

その上で、同会議のアンケート調査で、一般市民の約8割が医薬分業のメリットを感じていないと回答があった一方、厚労省から薬局の目指すべき本来の姿が示されたことから、「薬局で受けられるサービスに幅があると感じた。国民に分かりやすい形で、薬局、薬剤師から得られるサービスについて丁寧な議論が必要」と述べた。




(情報提供元: 薬事日報)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1284件)

show

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.12.22 36.採用担当者必見!究極の「青田買い」は品川区に… 【オモテに出ている裏話】

もっと見る

業界ニュース(18773件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5411件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月10日~01月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月10日~01月17日

もっと見る