業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

高額レセでGE割合低く‐協会けんぽ調査で判明‐厚生労働省

2015年03月18日(水)12時47分配信 配信日:15/03/18 12:47 icon_view753view icon_view753view

■効果的な差額通知を

高額療養費の対象相当となる調剤レセプトのGE薬の使用割合を調べたところ、対象外のレセプトに比べて低い傾向にあったことが、全国健康保険協会(協会けんぽ)の調査で分かった。1カ月で2万6410点未満のレセプトでは使用割合が58・6%だったのに対し、2万6410点以上の高額レセプトでは34・5%にとどまった。厚生労働省が16日の全国関係会議で報告したもので、さらに高額療養費制度を利用する被保険者にも差額通知を送り、使用促進への前向きな対応を都道府県担当者に要請した。

協会けんぽは、昨年9月の1カ月分の調剤レセプトのうち、一般の高額療養費対象相当となる2万6410点(医療費で26万4100円)以上のレセプトを調べたところ、GE薬の使用割合が34・5%と、2万6410点未満のレセプトの58・6%に比べて低いことが分かった。

既に希望カードの配布については、2013年度に全47の広域連合で達成、差額通知の送付は43広域連合(91%)に達しているなど、多くの広域連合で一定の対象者に差額通知の送付が行われている。

厚労省は、協会けんぽの調査を踏まえ、全ての広域連合で高額療養費制度を利用する被保険者にもGE薬の利用差額通知を送るよう促し、「処方されている医薬品が保険診療でカバーされていること、その薬価を周知するなど、効果的な差額通知のあり方を検討してほしい」と要請。GE薬の使用促進に一層貢献する前向きな取り組みを求めた。

これまで全市町村が加入する後期高齢者医療広域連合は、健診以外の保健事業として、GE薬に切り替えた場合の薬代の自己負担軽減額を通知するGE薬利用差額通知の送付や、GE薬の希望を医師や薬剤師に伝えやすくする「希望シール」「希望カード」の作成、被保険者への配布等を行い、GE薬の使用促進に取り組んできた。

厚労省は、15年度予算案に約2億4000万円を計上し、引き続き同広域連合が行うGE薬の使用促進事業を支援することにしている。

今月中に全国の広域連合に通知を発出し、高額療養費制度を利用する被保険者に対し、さらにGE薬の使用促進を図るよう周知する予定である。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る