運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

第100回薬剤師国家試験、合格率63.17%で微増‐合格者数は6年制になり最多‐厚生労働省

2015年03月30日(月)11時14分配信 配信日:15/03/30 11:14 icon_view2495view icon_view2495view

厚生労働省は27日、第100回薬剤師国家試験の結果を発表した。受験者数1万4316人のうち、合格者は6年制になってから最多の9044人で、合格率は63・17%だった。合格者数は、前回の7312人から1732人増え、合格率も前回の60・84%から約2ポイントほど上昇。50%台への転落は免れた。厚労省は、新卒者が前回並みの合格率を維持し、既卒者の合格者数と合格率が増えたためと分析した。ただ、4年制時の国試で複数採用され、6年制になってからは第97回国試で1問のみだった補正対象問題が11問あった。不適切問題3問と合わせると計14問が正解扱いとなっており、厚労省が薬剤師の需給に支障を来さないよう、補正を行った可能性もある。

国試は、1万6546人が出願し、1万4316人が受験した。「6年制新卒」の合格率は前回の70・49%から微増の72・65%となった一方で、「6年制既卒」の合格率は低水準だった前回の39・85%から53・12%に上昇。前回の国試で「あと一歩」届かなかった学生が数多く試験を受けたこともあり、合格者数が前回の1003人から2794人に増えた。

厚労省は、前回の国試で合格率が低かったことにより、調剤薬局やドラッグストアなどで、薬剤師不足が指摘されたことを念頭に、「結果として、需給に支障がないような数字になったのではないか」とした。

大学の設置主体別の合格者数は、国立が521人(合格率75・07%)で、うち6年制新卒が398人(84・14%)、6年制既卒が70人(69・31%)、その他が53人(44・17%)だった。

公立は233人(75・40%)で、うち6年制新卒189人(82・89%)、6年制既卒31人(60・78%)、その他が13人(43・33%)。私立は8290人(62・27%)で、6年制新卒5549人(71・65%)、6年制既卒2693人(52・72%)、その他48人(10・46%)だった。

大学別で最も合格率が高かったのは、広島大学の86・79%。合格率が9割を超えた大学はなかった。最も低かったのは第一薬科大学の23・47%だった。

今回、問題に不適切な記載があり、正解となる選択肢がなかったため、全員を正解とする不適切問題が3問あった上、問題としては適切だが、受験者の正答率や選択肢問題の良否を決める識別指数などを考慮して全員を正解扱いにする補正対象問題が11問あった。

厚労省は、補正対象問題について、4年制時にも11問ほど採択されたことがあり、「決して数が飛び抜けているわけではない」と否定したが、「ここ最近では多い方」としている。

予備校などでは、今回の合格率は補正をかけなければ下がるとの見方が示されていた。しかし、微増に転じたことから、厚労省がある程度の補正を行ったことも推察される。


表:第100回薬剤師国家試験大学別合格者数



(情報提供元: 薬事日報)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る