運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

「日本版NIH」スタート‐医療研究の司令塔目指す‐日本医療研究開発機構

2015年04月08日(水)10時00分配信 配信日:15/04/08 10:00 icon_view534view icon_view534view

■AMEDが設立式典

わが国における医療研究の司令塔を目指し、今月から発足した国立研究開発法人「日本医療研究開発機構(AMED)」は3日、都内で設立式典を行い、本格的なスタートを切った。看板の除幕式には安倍晋三首相や甘利明健康・医療戦略担当相らが参加。職員を前に訓示した安倍首相は、「人々の生活を幸せにする新たなイノベーションがAMEDから誕生することを大いに期待している」と、新たな門出にエールを送った。

今月1日に発足したAMEDは、米国の国立衛生研究所(NIH)を参考に、日本の医療研究の司令塔を担う“日本版NIH”として設立された。今後、各省庁からの一元化予算を活用し、医薬品や再生医療の研究、癌や認知症等の分野で、基礎から実用化まで一貫して推進していく。初代理事長には、元慶應義塾大学医学部長の末松誠氏が就任し、職員約300人体制でスタートした。

設立式典で職員に訓示した安倍首相は、「医療分野は人間の生活に直接関わるもので、誰もが健康な人生を望んでいる。癌や認知症など、人生において直面する様々な困難な病気を克服していく上で、AMEDが果たすべき役割は大きい」と述べ、「人々の人生を豊かにする、幸せにする新しいイノベーションがここから誕生することを大いに期待している」と、エールを送った。

甘利担当相も「大学や研究機関、企業など、様々な機関から構成員が集まった。今後は、その出身機関を指導していく立場になる。ここから日本の医療革新の夜明けがスタートする」と語り、オールジャパンで取り組んでいく体制に期待を寄せた。

AMEDが取り扱う今年度の研究開発関連予算は、総額1248億円を計上。医薬品創出、再生医療、癌などの分野を一元的に扱う戦略推進部が、産学連携部や臨床研究・治験基盤事業部など5事業部と連携しながら予算を振り分け、九つの研究プロジェクトに取り組んでいく。

具体的には、創薬ターゲットの同定に関する研究や革新的医薬品の開発、iPS細胞等を用いた再生医療の早期実用化を支援するほか、癌医療の実用化を目指す「ジャパンキャンサープロジェクト」、認知症やうつ病の治療法を探る「脳とこころの健康大国実現プロジェクト」等について、2030年までの中長期目標に基づいて事業を進める。

y11559_01-01

写真:除幕式や設立式典には安倍首相らも参加した


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る