運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

医薬分業、規制見直し議論‐規制改革会議「健康・医療ワーキンググループ」

2015年05月15日(金)10時01分配信 配信日:15/05/15 10:01 icon_view628view icon_view628view

政府の規制改革会議に設置した「健康・医療ワーキンググループ」は11日、医薬分業推進のもとでの規制見直しについて議論した。

会合では、厚生労働省が医薬分業を適切に進めていく上での評価のあり方について説明。医薬分業は薬物療法の安全性・有効性の向上を主眼としているため、サービスとコストの間で単純な費用対効果を示すことは困難としながらも、後発品の使用割合増加や、残薬管理などによる医療費削減効果が見込まれるとのデータを示した。

会議終了後に会見した内閣府の大熊裕二規制改革推進室参事官によると、医薬分業のコストとサービスのメリットについて、厚労省保険局の吉田学大臣官房審議官(医療介護連携担当)が「患者から見て実感を伴うような形にしていきたい」とし、これまで以上にかかりつけ薬局を評価する方法について「もう少し考えたい」と述べたという。

会議側が「高齢者や車いすの患者が道路を渡って薬局に行かなければならないのはおかしい」として、見直しを求めている、病院の中や敷地内に薬局の開設を禁止している規制のあり方については、吉田氏が「高齢者やハンディキャップのある方に対しては何らかの配慮を検討していきたい」との考えを示したという。

会議では、具体的な方向性を確認するまでには至らなかったが、大熊参事官は6月の規制改革の答申、実施計画の策定までに、「決められるものは決めていきたい」とした。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る