運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

技術料見直し提言に反論‐日薬・山本会長‐日本薬剤師会

2015年06月08日(月)10時01分配信 配信日:15/06/08 10:01 icon_view439view icon_view439view

日本薬剤師会の山本信夫会長は4日の記者会見で、調剤技術料の伸び率が医科や歯科に比べて大きく、見直す必要があると提言した財政制度等審議会の建議に言及。「実質的な伸びは医科や歯科並み」と反論した。

その上で、「あたかも薬局の調剤技術料だけが伸びているように説明し、それを抑制すべきだとする提言には賛成しかねる」と述べ、次期診療報酬改定に向け、中央社会保険医療協議会の議論の中で反対していく考えを示した。

建議では、分業の進展の影響を除いても、医科や歯科に比べて薬局の技術料の伸び率が大きいと指摘。2009年度をベースにした場合の伸び率を見ると、13年度には19%増となっているとし、薬局が果たしている機能に見合った適正な技術料かどうか、その収益率も踏まえて見直す必要があると提言した。

これに対し、山本氏は「技術料の伸びを分業率の上昇と調整する必要がある」と指摘。13年度までに分業率が60・7%から67・0%と6%以上伸びたことを示し、「実質的な伸びは8%にとどまり、入院外の医科や歯科の7%並み」と反論した。

さらに、医科や歯科には薬剤料が含まれているとし、「薬剤料の伸びなどを考慮すれば、薬局の技術料も薬剤料を含んだ数値で比較すべき」と発言。その上で、「あたかも薬局だけが伸びているように説明し、それを抑制すべきだとする提言には賛成しかねる」と述べ、中医協の中で反対していく考えを示した。

y11582_01-02


(情報提供元: 薬事日報)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る