業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

技術料見直し提言に反論‐日薬・山本会長‐日本薬剤師会

2015年06月08日(月)10時01分配信 配信日:15/06/08 10:01 icon_view446view icon_view446view

日本薬剤師会の山本信夫会長は4日の記者会見で、調剤技術料の伸び率が医科や歯科に比べて大きく、見直す必要があると提言した財政制度等審議会の建議に言及。「実質的な伸びは医科や歯科並み」と反論した。

その上で、「あたかも薬局の調剤技術料だけが伸びているように説明し、それを抑制すべきだとする提言には賛成しかねる」と述べ、次期診療報酬改定に向け、中央社会保険医療協議会の議論の中で反対していく考えを示した。

建議では、分業の進展の影響を除いても、医科や歯科に比べて薬局の技術料の伸び率が大きいと指摘。2009年度をベースにした場合の伸び率を見ると、13年度には19%増となっているとし、薬局が果たしている機能に見合った適正な技術料かどうか、その収益率も踏まえて見直す必要があると提言した。

これに対し、山本氏は「技術料の伸びを分業率の上昇と調整する必要がある」と指摘。13年度までに分業率が60・7%から67・0%と6%以上伸びたことを示し、「実質的な伸びは8%にとどまり、入院外の医科や歯科の7%並み」と反論した。

さらに、医科や歯科には薬剤料が含まれているとし、「薬剤料の伸びなどを考慮すれば、薬局の技術料も薬剤料を含んだ数値で比較すべき」と発言。その上で、「あたかも薬局だけが伸びているように説明し、それを抑制すべきだとする提言には賛成しかねる」と述べ、中医協の中で反対していく考えを示した。

y11582_01-02


(情報提供元: 薬事日報)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月13日~07月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月13日~07月20日

もっと見る