運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

国際規制調和戦略を公表‐アジアのレベルアップ支援‐厚生労働省

2015年06月29日(月)10時01分配信 配信日:15/06/29 10:01 icon_view496view icon_view496view

厚生労働省は26日、日本が薬事規制の分野で国際的なリーダーシップを発揮していくための中長期的なビジョン「国際薬事規制調和戦略」を公表した。2018年までに、医薬品医療機器総合機構(PMDA)内に「アジア医薬品・医療機器薬事トレーニングセンター」を設置し、海外の規制当局職員に薬事規制のノウハウなどを情報提供することで、アジア全体の薬事規制のレベルアップを支援する。その上で、アジア諸国に対して、日本の医薬品がすばやく承認されるよう促し、国内製薬企業の輸出拡大を後押しする。

これまで日本は、ICHを通じて、欧米と承認審査の統一化などを図ってきたが、アジア諸国では、日本の医薬品は簡略審査制度の対象にならず、欧米と同等に評価されていない。

そのため厚労省は、3年以内に、PMDA内に「アジア医薬品・医療機器薬事トレーニングセンター」を新設し、シンガポールや台湾などアジア主要国に赴いて規制当局の担当者を対象に薬事規制のトレーニングを実施。相手国の薬事規制の整備を支援する。

また、PMDAに海外事務所を設け、業界団体とも協力し、相手国との対話を積極的に進めると共に、英語の審査ガイドライン等を作成して海外に発信するなど、世界に日本の薬事規制の信頼性をアピールする。

これに合わせ、厚労省とPMDAは、国や地域別ごとに担当者を配置した国際部門を整備。厚労省が司令塔機能を果たし、業界団体との意見交換などを踏まえ、戦略の定期的な進捗管理などを行い、国際規制調和を推進する方針だ。

一方、同戦略では、日本の薬事承認や安全対策の信頼性・魅力を向上させるため、▽日本医療研究開発機構との連携▽レギュラトリーサイエンスの推進▽臨床開発の活用に向けた疾患登録情報ネットワークの構築――も進める。

この中の臨床研究については、実施施設が集約化されていないという国内の問題を解消するため、20年までに疾患登録情報を活用した臨床開発インフラを整備し、海外メーカーの国内開発を呼び込む施策などを展開する。

PMDAでも、同戦略を踏まえ、今後取り組むべき国際活動をまとめた「PMDA国際戦略2015」を策定。18年までに「レギュラトリーサイエンスセンター」を設置し、ビッグデータの解析から薬効評価の指標開発、副作用リスク等の分析を行い、新たなガイドライン等を世界に向けて発信していく。

塩崎恭久厚生労働相は、同日の閣議後会見で「どこで製造しても認められるような効率的な規制を構築したい。国際的な薬事規制のデファクトスタンダードをどう作るか、日本も積極的に関わっていく」と戦略の狙いを述べた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る