運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

J.POSHが乳がん看護認定看護師(BCN)を育成支援

2015年07月01日(水)10時00分配信 配信日:15/07/01 10:00 icon_view386view icon_view386view

J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)が乳がん患者への専門家によるチーム医療の推進の一環として、乳がん看護認定看護師(BCN)の育成支援を目的とした奨学金を給付する。

 

nvg00094_600

 

■少ない乳がん看護認定看護師(BCN)

乳がん看護認定看護師は2006年より認定が開始され、現在乳がん看護認定看護師数は244名となっている。おもな役割は、集学的治療を受ける患者のセルフケアおよび自己決定の支援、ボディイメージの変容による心理・社会的問題に対する支援となっている。

認定看護師になるためには6ヶ月以上の連続した昼間の教育が必要で、その間は休職を余儀なくされる。かかる費用は静岡県立静岡がんセンターの場合、入学検定料、入学金、授業料合わせて80万円が必要だ。教育機関も乳がん看護の分野では、千葉、静岡、鳥取の3か所のみで下宿代もかかる場合が多い。

 

■奨学金は一人30万円給付

奨学生の採用人数は本年度は5名。奨学金は一人30万円。特別の場合を除いて返済の義務はない。

2015年6月1日より応募受付を開始している。問い合わせは認定NPO法人 J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)事務局まで。

乳がんと診断される女性は1年間で約4万人。乳がん患者の増加を受けて専門家の育成が望まれる。少しずつ増加してきたとは言え、まだまだ認定者数の少ない乳がん看護認定看護師。J.POSHの奨学金制度を利用し、学びの機会が増えることを期待したい。

 

(Navigene編集部)

 

■外部リンク
J.POSH
BCN育成奨学金
http://www.j-posh.com/about/activity/bcn/index.html


(情報提供元: ナビジーン)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る