運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

ゲノム医療実現へ中間案‐初の政策で具体的方向‐政府・ゲノム医療実現推進協議会

2015年07月21日(火)10時01分配信 配信日:15/07/21 10:01 icon_view699view icon_view699view

政府の健康・医療戦略推進本部は15日、「ゲノム医療実現推進協議会」を開き、ゲノム医療の実現に向けた具体的な方向性を中間的にまとめた。国際基準で検査試料の品質・精度管理を行う必要性や、医療への実利用が近い希少疾患や難病、薬剤の副作用回避のためのファーマコゲノミクスを対象に研究を促進すべきとしたほか、3大バイオバンクと地域コホートの実効的な連携を目指すとした。日本で初めてまとめられたゲノム医療政策となる。

中間まとめでは、日本のゲノム研究は世界と比べても遜色ない実績を挙げているとしつつ、最近の国際的な動向は希少疾患等の焦点を絞った疾患志向型研究に移行していると指摘。先行する米英と比べて日本は不十分な点が多く、国の総合的な取り組み強化が急務とし、具体的に求められる方向性を示した。

その一つに、医療に利用可能な質と信頼性の高い試料・情報の獲得・管理を挙げた。医療に用いる各種オミックス検査について、国際基準で認定された施設における品質、精度管理が必要と指摘。現状を把握した上で、今後の対応や必要な措置を検討するとした。

また、社会の理解と協力を挙げ、個人情報保護法の改正の動きを踏まえ、ゲノム指針や医学系研究に関する倫理指針等について、遺伝情報保護と医療における遺伝情報の有効な利活用という両方の観点から、必要な措置を検討するとした。産業界への試料提供や生体試料の利活用に当たって、関連指針との整理について考慮すべき事項があれば、併せて検討するとした。

研究の推進に向けては、ゲノム医療の取り組みに当たって、対象疾患にも戦略的な設定が求められると指摘。まず、第1グループとして、エビデンスが比較的積み重なり、医療への利用が近い希少疾患、難病、認知症を重要なターゲットと位置づけ、薬の副作用回避や薬効予測のためのファーマコゲノミクス等についてゲノム研究を促進すべきとした。

同時に、第2グループとして糖尿病、循環器疾患等の多くの国民が罹患する一般的疾患への対応にもゲノム情報を応用し、前向き健常人ゲノムコホート等を引き続き推進するとした。

さらに、東北メディカル・メガバンク計画等の「3大バイオバンク」と質の確保された地域コホートの実効的な連携を目指すとし、実現すべき具体的な研究目標を設定した上で、それぞれのバンクの特徴が最大限活用されるような連携を図ることが重要とした。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る