運営からのお知らせ
  • HOME
  • 業界ニュース
  • 行政・制度
  • 個人健康記録の事例検討‐神戸市、電子お薬手帳を試行‐厚生労働省・総務省「クラウド時代の医療ICTのあり方に関する懇談会」

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

個人健康記録の事例検討‐神戸市、電子お薬手帳を試行‐厚生労働省・総務省「クラウド時代の医療ICTのあり方に関する懇談会」

2015年07月22日(水)10時00分配信 配信日:15/07/22 10:00 icon_view853view icon_view853view

厚生労働省と総務省は17日、「クラウド時代の医療ICTのあり方に関する懇談会」を開き、個人の健康情報を一元的に管理する「パーソナルヘルスレコード(PHR)」を活用したヘルスケアサービスの事例や医療現場におけるICT技術の導入例について検討した。

この日、参考人として出席した神戸市の三木孝保健福祉局長は、先月から神戸市薬剤師会と連携し、市内でソニーの電子お薬手帳「harmo(ハルモ)」導入に向けた試験的サービスを開始したことを報告。個人情報を含まない形で、調剤情報や副作用等の薬歴データをクラウドにため込み、集めた統計データを自治体や製薬企業が利用することにより、患者や薬局にインフルエンザの発生状況や薬剤を使用する上での注意点をフィードバックする取り組みを説明した。

三木氏は、行政がPHRデータを活用することで、医療費適正化や公衆衛生の向上、災害対応等のメリットが期待できると指摘。電子お薬手帳のサービスを踏まえ、今後は介護予防手帳でも電子化を図り、高齢者の生活行動の情報と紐づけて、介護予防策を展開していく考えを示した。

一方、運用面の課題として、健診機関や行政等、個人の健康に関わるデータが官民で分散しており、全てのデータを管理する主体や収集すべき個人情報の範囲が定まっていない点を指摘した。

その上で、診療情報とその他の健康情報では、求められるセキュリティーのレベルが異なるため、医療機関との連携時に問題となる可能性があるとした。

その後の意見交換では、委員から「米国では民間の医療保険が中心のため、PHRを導入し、医療費の効率化を図ることに利用者も積極的だが、日本では、どのように健康リテラシーを高め、国民にPHR参加へのインセンティブを持たせるかを検討する必要がある」と課題を指摘する声も出た。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19590件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5548件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る