業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

14年度MR総数1000人減、調査開始以来初のマイナス幅‐15年版MR白書‐MR認定センター

2015年07月29日(水)10時01分配信 配信日:15/07/29 10:01 icon_view677view icon_view677view

2014年度のMR数が前年比約2%減の6万4657人と、調査開始以来初となる1000人以上の減少となったことが、MR認定センターがまとめた15年版「MR白書」で明らかになった。13年度は大型新薬の上市で2000人近く増加したが、再び6万5000人を割り込むなどMR減少時代の到来をうかがわせる結果となった。その一方で、女性MRやMR業務委託・派遣企業(CSO)、日本ジェネリック製薬協会所属のMRは増加しており、MR全体の構図が変化している状況だ。

調査は、4~5月に同センターに登録している製薬企業187社とCSO15社、卸1社にアンケート調査を実施し、計203社から回答を得た。

男性MRは、前年比約3%減の5万5512人となったが、女性MRはほぼ横ばいながら56人増の9145人と、05年以降右肩上がりで増加が続いている。管理職も4%減の8659人となった。

年齢構成で見ると、「30歳代」が33・7%、「40歳代」が25・3%、「20歳代」が24%となった。30歳代と40歳代の比率が上昇する一方、20歳代の2ポイント減少が目立つ。

女性に限ってみると、「20歳代」が57・6%、「30歳代」が39・4%となり、前年比では20歳代が3・5ポイント減少し、逆に30歳代が3・7ポイント上昇した。

MR数の内外資別では、内資系が1・1%増の3万7485人、外資系が4・5%減の2万2960人となった。近年は、豊富な開発パイプラインを背景に、外資系が内資系を上回る積極的なMR増員を行ってきた傾向にあったが、今回は逆の形となった。

CSO企業では4・6%増の4139人、卸企業は89%減の73人。卸企業は過去のMR数にMS業務を兼務していたものを含めていたが、今年度からMR業務専任のみをカウントしたため、大幅な減少となった。GE薬協会員社では、8・5%増の3872人となった。

MR1000人以上の企業では、男性・女性の各年代でMR数を減らし、そのうち2社は500~999人に移行した。

新卒採用企業数は全体の49・8%の101社となり、前年より13社減少する結果となった。MR雇用規模100人以上の企業では2社増の76社、99人以下の企業は15社減の25社となった。中途採用を行った会社についても前年より8社少ない122社となり、100人以上の企業では8社増加したものの、99人以下の企業では16社減の46社となった。

専攻分野別のMR数では、文科系MRが0・1%増の57・4%、理科系MRが0・2%増の28・3%となった一方、薬剤師MRは0・1%減の11・9%となった。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る