業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

医療部会でも議論スタート‐次期改定、提供体制で論点‐社会保障審議会医療部会

2015年09月24日(木)10時00分配信 配信日:15/09/24 10:00 icon_view250view icon_view250view

社会保障審議会医療部会は16日、2016年度診療報酬改定の基本方針策定に向け、医療提供体制の観点からの検討をスタートさせた。主な論点のたたき台は、病床機能の分化・連携、在宅医療・地域包括ケアシステムの推進、チーム医療の推進などが示された。今後11月下旬をメドに議論を深め、基本方針をまとめる。

この日の部会では、次期診療報酬改定の基本方針に向けた論点が示され、病床機能の分化・連携、在宅医療・地域包括ケアシステムの推進、チーム医療の推進、勤務環境の改善などが挙げられた。

邉見公雄委員(全国自治体病院協議会会長)は、「医療資源が少ない地域への目配りを視点に盛り込むべき」と主張。

山口育子委員(NPOささえあい医療人権センターCOML理事長)は「医療安全管理について、管理者が十分に理解している施設は一生懸命取り組んでいるが、点数がつかないところでは不十分」と指摘。「しっかりとした安全管理体制を作るための手厚い報酬が必要」との考えを示した。かかりつけ医・歯科医・薬剤師の評価のあり方にも言及し、「患者が選ぶ視点を重視してほしい」と求めた。

西澤寛俊委員(全日本病院協会会長)は、「医療従事者の確保といっても、いま都会にも地方にも人がいない」と指摘。「医療従事者の確保を大きな柱に盛り込んでほしい」と要望。相澤孝夫委員(日本病院会副会長)も「勤務環境の改善といっても人がいなければできない。人の確保をすべき」と同調した。

その上で、診療報酬制度の細部にわたる点数設定を問題視。「病院の事務職員が疲弊しており、簡素化してほしい」と訴えた。

安部好弘委員(日本薬剤師会常務理事)は、後発品の数量目標8割の達成は難しいとの認識を示し、「薬局薬剤師も努力するが、目標を達成できる環境をしっかり整備するよう明確化してほしい」と要望。かかりつけ薬剤師・薬局については「地域包括ケアシステムの中でどう活動していくか、その結果、患者から選ばれることが重要」とした。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る