業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

癌対策加速プランで骨子案‐「施策絞った議論必要」‐厚生労働省

2015年09月25日(金)10時00分配信 配信日:15/09/25 10:00 icon_view633view icon_view633view

厚生労働省は17日、年内に策定する「がん対策加速化プラン」の骨子案を、がん対策推進協議会に示した。癌の予防・早期発見、癌の治療・研究、癌との共生の三つを施策の柱とし、論点に位置づけられた癌教育やたばこ対策などの論点を議論した。委員からは、「施策を絞って行動目標を明確化した方がいいのではないか」「スピードアップさせる必要がある施策だけを議論すべき」との意見が出た。

骨子案では、予防・早期発見に向けた癌教育・普及啓発、たばこ対策から希少癌・難治性癌の対策、ゲノム医療の推進、さらに患者の就労支援まで11項目が幅広く盛り込まれた。

癌の予防・早期発見の論点として、癌検診の位置づけや2017年度から始まる癌教育の全国展開に向けた課題、たばこ対策の考え方を例示した。

癌の治療・研究では、拠点病院を中心とした癌医療の質向上や患者・家族のニーズに応じた苦痛の軽減、癌との共生等に資する研究を一層充実させていくこと、癌領域におけるゲノム医療の推進などを論点に提示した。

さらに、癌との共生に関しては、緩和ケアの推進や副作用や合併症軽減のための研究、癌患者の就労に関する相談支援などのあり方を挙げた。

ただ、骨子案が示された加速化プランの位置づけについて、堀田知光委員(国立がん研究センター理事長)は「ある程度、施策を絞ってやらないといけないのではないか。行動目標をはっきりさせ、特に何をすべきか明確化する必要がある」との考えを述べた。また、門田守人会長(がん研究会理事)も「加速化プランは基本計画と分けて考えないといけない」との意向を示し、「スピードアップしなければならない施策に絞って議論すべきだと考える。基本計画を側面から後押しするものにしたい」と述べた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る