業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

希少癌薬の開発ラグ解消‐加速化プランで新具体案‐厚生労働省

2015年11月11日(水)10時00分配信 配信日:15/11/11 10:00 icon_view437view icon_view437view

厚生労働省は6日、「がん対策加速化プラン」の新たな具体策案を、がん対策推進協議会に示した。希少癌に対応するワーキンググループを立ち上げ、適応外薬、未承認薬の開発ラグ解消を目指すほか、癌検診の受診率を上げるため、職域の癌検診について保険者と協力して実態を把握したり、たばこ税の税率を引き上げるなどの方針を打ち出した。委員からは、「総花的ではなく、基本計画の目標達成に向け加速化する施策に絞るべき」との意見が相次いだ。

この日の協議会では、プランの三つの柱と位置づける癌の予防、治療・研究、癌との共生について新たな対策案が示された。特に75歳未満の癌の死亡率を今年までに20%減少させる政府の目標について、達成が困難との見通しで、その要因として胃癌など5大癌の受診検診率が伸び悩んでいることが指摘された。

そのため、新たに喫煙率の減少に向け、たばこ税の税率引き上げ、たばこの広告・パッケージの見直しを提示。癌検診については、かかりつけ医を通じた新たな受診勧奨、市区町村で継続して確実に実施できる個別受診勧奨の方法を徹底して普及させるほか、市区町村の癌検診受診率を比較可能な形で公表したり、職域の癌検診について保険者と協力して実態を把握する取り組みに乗り出すなどの強化策を打ち出した。

また、希少癌の治療・研究に向けた取り組みについて、国立がん研究センターを事務局とした「希少がんワーキンググループ(仮称)」を設置し、個別の癌種について、最新情報の収集・提供、ガイドライン普及の検討などを行うとすると共に、病理診断の質を向上させるため、バーチャルスライドや映像を集積するデータベースの構築や病理コンサルテーションの事務局整備を行う方針を提示。適応外薬や未承認薬の開発ラグの解消を目指した研究など治療開発に取り組むことも盛り込んだ。

委員からは、希少癌の取り組みに対して、「希少癌は全体の2割。この成績を向上させることで死亡率が減少する可能性がある」と重点を置く必要性を指摘し、加速化プランの軸に据えるべきとの意見も出た。

また、「内容が盛りだくさんでは、加速化は難しいのではないか。何をもって加速化したのかを最初に明確にすべき」「今の基本計画にプラスして取り組むことを特に強調すべき」「数値目標を達成するための加速化に絞ってもいいのではないか」などとする意見が相次いだ。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る