業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

検診クーポン対象者へ個別の働きかけを

2010年04月15日(木)10時42分配信 配信日:10/04/15 10:42 icon_view661view icon_view661view
がんに関する普及啓発懇談会(座長:中川恵一東京大学医学部付属病院准教授)は13日、がん検診の啓発方法などについて意見を交わした。厚生労働省は2012年までに、がん検診率50%の目標を掲げているが、市区町村の検診率は現状10%台にとどまっている。

一方、昨年より開始した無料検診クーポン券が功を奏し、乳がんと子宮頸がんの検診率が上昇。中川座長は「市区町村はクーポン券対象者へ個別に働きかけ、受 診勧奨を推進していただきたい」と述べた。現在、自治体によって告知方法が異なり、クーポン券利用率に差が出てきている。

(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る