業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

協会けんぽの改革案「プロセスが抽象的で不十分」

2010年04月28日(水)10時34分配信 配信日:10/04/28 10:34 icon_view1070view icon_view1070view
厚生労働省が26日に実施した省内事業仕分けで、全国健康保険協会(協会けんぽ)の改革 案に対して、6人の仕分け人から厳しい判定が下された。これまでの協会けんぽの改革は、人員削減や定型業務の外注化、IT化による業務の効率化などの人件 費抑制、特定健診受診率向上による将来医療費削減を目的とした保険者機能強化が中心。だが、協会けんぽの約8兆円の保険給付費に比べ効率化による経費削減 が数十億円程度にとどまっていることから、仕分け人は改革の効果を疑問視。評決結果は、給付事業と組織体制では「不十分」が5人、「妥当」が1人。健診事 業では6人全員が「不十分」とした。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る