運営からのお知らせ
  • HOME
  • 業界ニュース
  • 行政・制度
  • 遺伝子検査ビジネスを議論‐規制を求める意見相次ぐ‐政府・ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

遺伝子検査ビジネスを議論‐規制を求める意見相次ぐ‐政府・ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース

2016年01月29日(金)10時00分配信 配信日:16/01/29 10:00 icon_view468view icon_view468view

政府の「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」は27日、医療に用いる遺伝子検査と消費者向け遺伝子検査ビジネスをめぐって議論を開始した。特に遺伝子検査ビジネスに関しては、健全な発展のためにも網をかける必要があるとの指摘や、遺伝子検査そのものに対し、臨床検査技師法と別に規制を求める声が上がるなど、慎重な意見が大勢を占めた。

厚生労働省は、遺伝子検査ビジネスと診断(医行為)との関係について、遺伝子検査ビジネスは生活習慣等の環境要因が疾患発症に大きく関わる多因子疾患のみを対象とし、学術論文等の統計データと検査結果を比較しているにすぎない場合は、医行為に該当しないとの見解を示した。

その上で、高田史男委員(北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学教授)は、「遺伝子検査ビジネスの健全な発展を遂げていくため、先走るようなビジネスに網をかける必要がある」と主張。小森貴委員(日本医師会常任理事)は、「消費者向け遺伝子検査ビジネスはあっていいが、所管が経済産業省でビジネスの観点から考えることが問題」と指摘した。

こうした懸念に対し、経産省は、個人情報保護法の上乗せ規定として「個人遺伝情報保護ガイドライン」を示し、遺伝子検査ビジネス事業者の遵守事項や品質保証についての指針を示していることを説明し、業界団体の「個人遺伝情報取扱協議会」が業界自主基準を設け、第三者委員会が審査する認定制度を立ち上げたことを紹介。今後、タスクフォースの議論を踏まえ、ガイドライン改訂と認定制度の周知、消費者庁との密接な連携に取り組んでいく方針を提示した。

鈴木正朝委員(新潟大学法科大学院教授)は、「同意があれば、検査結果をDTC広告に使うことは個人の権利、利益に関わる。本人の健康に資するために利用するのは反対しないが、広告への利用は慎重に進めていくべき」との考えを述べ、小森委員は「遺伝子検査については、臨床検査技師法と別の枠できっちり規制するのが国民への責任だ」と規制を訴えた。

一方、医療における遺伝子検査については、藤原康弘委員(国立がん研究センター企画戦略局長)が「国民皆保険下におけるゲノム医療と位置づけてほしい」と要望。既に日本は遺伝子検査キットのラグ時代に入っていると危機感を示し、日本の保険制度において遺伝子検査を位置づけるよう求めた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る