運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

専門性ある薬剤師育成を、喘息吸入器具の複雑化背景‐厚生労働省 アレルギー対策協議会

2016年02月15日(月)10時00分配信 配信日:16/02/15 10:00 icon_view583view icon_view583view

厚生労働省は12日、「アレルギー疾患対策推進協議会」を開き、アレルギー疾患対策の現状や課題について参考人や委員の専門家から意見を聞いた。その中で気管支喘息をめぐっては、吸入薬の器具が複雑化し、医師が外来で指導できる範囲を超えているとの指摘があり、専門的な教育を受けた薬剤師や日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会認定のアレルギーエデュケーターなどの人材育成の必要性が指摘された。

参考人として出席した国立病院機構福岡病院の西間三馨名誉院長は、昨年施行されたアレルギー疾患対策基本法について、国のアレルギー施策を長期的、継続的な視点で確立させるものとし、その内容の充実と実行を要請した。

その上で、日本における気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の推移を説明すると共に、課題を列挙し、特に喘息薬の吸入器具が複雑化し、「医師が外来で指導できる範囲を超えている」と指摘。アレルギー疾患に関する専門教育を受けた看護師、薬剤師が取得できる日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会「認定アレルギーエデュケーター制度」を紹介した。

「アレルギーエデュケーター」とは、患者が正しい知識を持ち、治療の継続環境を維持するため、専門的教育を受けたコメディカルが知識と技術を持ち、患者教育を通して治療・生活管理の向上へ支援するものと位置づけられ、昨年5月時点で看護師や薬剤師、栄養士292人が認定を取得している。

患者の立場から、園田まり子委員(アレルギーを考える母の会代表)は、「服薬方法をエデュケーターに指導してもらい良かったが、次回にはいなくなるとの声があった」との事例を紹介。武川篤之委員(アレルギー患者の声を届ける会代表理事)は、「吸入器具の種類が多く、処方された薬が替わるたびに使い切れない。医師から先発品、薬剤師から後発品の説明がされると、なおさら分からなくなる」と訴えた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る